RSS | ATOM | SEARCH
排煙設備の設置義務緩和
 国土交通省は2月12日、排煙設備の設置義務を緩和する告示の改正案を公表した。福祉施設などの一部で、居室から容易に屋外へ出られる出口があるといった一定の条件を満たす場合、排煙設備の設置を不要とする。3月初旬に施行する予定だ。国交省は、廃校や空きビルといった既存ストックから、福祉施設などへの用途変更を促進する考えだ。

排煙設備の設置は建基法施行令126条で、延べ面積500m2超の特殊建築物などに義務付けられている。緩和規定としては、建築基準法施行令126条の2第1項1〜5号、建設省告示1436号が既にある。例えば、病院やホテルといった特殊建築物でも、100m2以内に準耐火構造の床や壁、防火設備で区画された部分がある場合は、排煙設備を設置しなくても構わない。

 改正案は上記の告示1436号に、排煙設備の設置義務の緩和規定を追加するものだ。具体的には、避難階または避難階の直上階が次の要件をいずれも満たす場合、排煙設備の設置を不要とする。

(1)特殊建築物ではないか、寝泊りする居室のないデイサービスセンターや保育所など(児童福祉施設等)であること
(2)主に使用する各居室に、屋外に容易に避難できる出口やバルコニーなどが設けられていること


これが施行されればいま計画中のリノベーション設計が大分楽になりそうです。
author:中込潤一, category:豆知識, 11:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
外壁透湿防水シート貼り

外壁廻りの透湿防水シート貼りが始まりました。
重なり巾が規定値以となっているか・サッシ廻りに防水テープが貼ってあるか等をチェックします。

軒天部分に通気金物を取り付けて外壁内の熱や湿気を外に出します。

鋼製の通気金物に外壁材を取り付けていきます。

内部は断熱材の厚さ等の確認が終わった部分から壁のボード貼りが進んで行きます。


author:中込潤一, category:甲府市K様邸, 18:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
天井断熱材

天井への断熱材の施工が始まりました。

天井の下地材(野縁)の上に隙間なく断熱材を敷き込みます。
この段階は隙間の有無や施工状況をしっかりチェックしておかないと、せっかく断熱材にお金をかけても機能しない無駄なものになってしまいます。

断熱層に湿気が上がらないように防湿フィルムを貼って天井下地ボードで押さえます。
これでかなり気密性が良くなります。

天井裏の断熱材と壁の発泡ウレタンの納まりもOKです。

現場では実際に施工する大工さんと何のためにその施工を行うかという目的意識を共有できるように打合せを行い進めていきます。

author:中込潤一, category:甲府市K様邸, 16:32
comments(0), trackbacks(0), pookmark
現場発泡ウレタン

現場発泡ウレタンの施工が完了しました。
K様邸ではフラット35Sの省エネ基準を採用しているため、一般住宅よりも断熱性を高めています。

通常ですとグラスウール充填工法を行うのですが、今回は壁内結露防止や施工不良による断熱性能の低下を考慮して、現場発泡ウレタンを選択しました。

現場発泡ウレタンは壁面にエアーガンで液状の物を吹きつけると、見る見る間に泡状に膨れ上がり断熱層を形成するので施工するのが大変な狭い所でも確実に断熱材を隙間なく入れることが出来ます。

スイッチボックッス裏などの隙間が出来やすい部分にはタッチアップ用の小型スプレーで確実に充填します。

また、ユニットバス周りには床下からの冷気が壁体内に廻らないように通気止めテープを貼っておきます。
こういった細かい部分の納まりが全体の性能に影響するので要注意です。

author:中込潤一, category:甲府市K様邸, 15:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
屋根工事
 K様邸の屋根工事が進行しているので確認に行ってきました。
屋根の上にからは結構眺めが良いです。

2階のコンセント等の電気配線もだいたいになり後は発泡ウレタンの吹きつけです。

author:中込潤一, category:甲府市K様邸, 22:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark
電気配線工事
 K様邸ではいよいよ電気配線工事がスタートしました。
この住宅は気密性を高め壁体内結露を防ぐために外壁廻りは現場発泡ウレタンを吹きつけるため、先に電気配線を行います。

この状態の上から発泡ウレタンを吹きつけるので一般的に使われているグラスウール充填工法よりも人為的ミスも少なく、しっかりと断熱できます。

外回りも養生シートで囲い着々と進んでいきます。
author:中込潤一, category:甲府市K様邸, 17:34
comments(0), trackbacks(0), pookmark
中間検査
今日は建築基準法による中間検査が行われました。
検査員が基礎配筋の写真や現場での接合金物、建物の配置などを一通り検査しました。
指摘事項なし。でした。。。。

現場は建物のカタチがほぼ見えてきました。

内部では一階の床下にA種硬質ウレタンフォーム保温板2種2号t=50mmが敷込 まれていきます。

これは断熱性能の高い断熱材なのでかなり快適になると思います。

床下もきれいに仕上がっています。
author:中込潤一, category:甲府市K様邸, 18:38
comments(0), trackbacks(0), pookmark
金物検査
 今日は中間検査に先立って接合部分の金物が設計通りに取り付けられているかを検査しました。

木造在来工法の住宅には筋かい金物やホールインアンカーなどのたくさんの金物が使われているので適材適所に配置されているかを確認するのは大変です。(汗

現場には屋根材のカラーガルバリウム鋼板が搬入されていました。

屋根下地のルーフィングが張られいよいよ屋根を葺き始めます。
author:中込潤一, category:甲府市K様邸, 17:15
comments(0), trackbacks(0), pookmark
外壁色決め

今日は現場でお施主様夫妻と外壁の色決めを行いました。
あらかじめ私の方で案を造りメーカーからサンプルを取り寄せておきました。
色決めは本当に難しく、育ってきた環境やその日の気分でも良く見えたり、悪く見えたりします。私の方で当初の打合せからのコンセプトやドアの色などの取り合いのアドバイスをしながら、最終的にはお施主様に決めて頂きました。

現場には床下に敷き込むA種硬質ウレタンフォーム保温版2種2号が搬入されていました。

来週には確認とフラット35の中間検査があります。

author:中込潤一, category:甲府市K様邸, 16:20
comments(0), trackbacks(0), pookmark
屋根下地
 屋根を貼るための下地合板の上にアスファルトルーフィングが貼られました。

外壁廻りには耐震性に優れた面材を貼っていきます。
化粧柱や化粧梁も綺麗に納まっています。
author:中込潤一, category:甲府市K様邸, 15:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark