RSS | ATOM | SEARCH
Before⇒After
甲府市M様邸の ビフォーアフター です。

Before


After

2×4(ツーバイフォー)特有の小さく背の低かった開口部はペアガラスの大きな断熱サッシに取り換え、お施主様の長年の夢であった広縁を増築しました。

Before

After 

巾の狭かったアルミ製のバルコニーも増築した広縁と同じ巾でゆったりとしたバルコニーに生まれ変わりました。

Before

After

背の低かった玄関ドアは高級感ある大型の親子ドアに交換し、床と壁を趣のあるタイルで仕上げました。

Before

After

玄関ホールの壁には消臭、調湿効果のあるエコカラットを貼り、上り框の段差部分には縦手すりを設置しています。

Before

After

廊下の壁と天井のクロスを貼り替えただけでも、こんなにも雰囲気が違ってきます。

Before

After

廊下から居間へと続くドアには大きな額をとることにより、昼間でも暗くなりがちだった廊下を明るく演出します。

Before

After

廊下から居間への出入り口は段差をなくして車いすでも楽々通れる幅の引き戸にし、廊下から居間、広縁へ風が通り抜けるようにしました。

Before

After

間仕切り壁の位置を変えて居間を広くするとともに天井も高くしました。

Before

After

押入れは中段を取りハンガーパイプを取りつけ折戸を設置してクローゼットにし、階段下の収納だった場所は壁を撤去し、寝室から使える介護用トイレにしました。

Before

After

2室を仕切る背が低く圧迫感があった引き戸は背の高く片側に引き込めるようにしました。

Before

After

増築した広縁との間は和モダンな障子戸とし、柔らかい光を取り込みます。

Before

After

広縁側の壁には消臭、調湿効果のある和モダンテイストのエコカラットを貼りました。

Before

After

居間の広縁側開口は増築部分の柱と梁で2×4の壁を補強して大きく開放的にしました。

Before

After

キッチンとの間のアコーディオンカーテンは大きな額付きの引き戸に交換しました。

Before

After

約30年間使ってきたキッチンは大容量のコーナー収納設備のある最新式のシステムキッチンに生まれ変わりました。


After

After

広縁との間の障子は全て収納することが出来るので、明るく開放的な空間とすることができました。

その他の写真はこちらから。。。

進捗状況等は下記をご覧ください。



       ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆
author:中込潤一, category:甲府市M様邸ビフォーアフター, 15:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
祝!完成!

甲府市のM様邸の増改築工事が遂に完成しました。
一月の中旬にお話を頂き、初めて打合せに伺ったときに2×4(ツーバイーフォー)特有の箱の中にいるような感じを受けました。

2×4は壁で成り立っているので窓や開口などに制限がありますが、どうせ増改築するなら壁を補強して開口部を出来るだけ大きく取り、光と風を最大限取り入れる計画にしようと考えました。
お施主様からの主な条件としては、長年の夢であった日当たりのよい広縁を設置することと、バリアフリーにすること、お施主様の予算内で納めることとういものでした。
設計が終わり私の知り合いの業者2社とお施主様から紹介の業者1社の計3社に図面と仕様書を渡し見積りを取りました。
        
最初に出てきた見積りが780万でしたのでかなり焦りましたが、やはり仕事が少ないこのご時世、競争原理が働き一番安い640万円で佐藤工業株式会社に決まりました。
佐藤工業の佐藤専務さんとは甲府青年会議所で共に活動してきた仲間なのでツーといえばカーで、打合せをする中でお施主様の予算に合せることが出来ました。
(佐藤専務ありがとー!)
そして何より佐藤工業の現場監督の吉岡さんがすこぶる真面目でお施主様からたいへん気に入られていました。

現場の整理整頓はもちろんのこと朝と帰りのお施主様への挨拶から、時にはお施主様の玄関の靴も寸分の狂いもないほどきっちりと並べていたそうです(笑
リフォーム工事は新築と違って既存との取り合いで、どうしても綺麗に納まらずクレームになるケースがありますが、このような誠実な対応でお施主様との人間関係が出来ていると、なんとかなる場合がよくあります。
(吉岡さん、ありがとー!)
現場には基本的に毎日顔を出し大工さんや様々な職人さんとコミュニケーションをとり、より良くなるようにしてきました。
改装前の床の間にあった床柱は想い出の一品なので何とか残して再利用をしようと考え、大工さんと相談して飾り棚上部の枠として残すことができました。

この現場を進めるうえで「人と人とのつながり」の大切さと「誠実に前向きに!」の大切さを再認識することができました。
その結果としてお客様の笑顔と満足が得られたのではないかと思っています。
この気持ちを忘れることなく今後も仕事をしていきたいと思います。

関わった全ての方々本当にありがとうございました。

ビフォー・アフターの模様は次回掲載予定です。

       ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆

author:中込潤一, category:甲府市M様邸ビフォーアフター, 15:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
いよいよ大詰め!内装・外装工事
工事が始まってから約一ヶ月が経ち、いよいよ最後の内装・外装の仕上げ工事が始まりました。
現場には多くの業者さんが入ってとても賑やかです。
偶然にも設備屋さんと塗装屋さんの社長さんは甲府青年会議所で一緒に活動した仲間だったので、何かと無理を聞いてもらい予想以上に良い仕上がりになりました。
玄関の壁には煉瓦調のタイルが職人さんの手で一枚一枚丁寧に貼られていきます。

寝室の壁には臭いや湿気を吸収する和モダン調のエコカラットを貼って仕上げます。

キッチンの床には厚さ3.5mmの長時間立っても足が疲れにくいクッションフロアーを貼り、壁・天井にビニールクロスを貼って内装工事は終了です。

その都度悪いところは手直しをしていますが、一通り仕上がった段階で手直し検査を行いお施主様に引き渡しをします。
もう少しです!

       ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆
author:中込潤一, category:甲府市M様邸ビフォーアフター, 20:26
comments(0), trackbacks(0), pookmark
天然素材塗料
透湿防水シートの上に通気胴縁が取りつけられ外壁のサイディングが貼られていきます。

内部では壁や天井の下地調整が始まりました。

ドア枠や巾木などの木部は天然素材から抽出されたドイツ生まれのオスモカラーのクリアー塗装で仕上げていきます。

オスモカラーの主成分は植物油と植物ワックスですので安心です。

       ☆☆☆ 
JUN設計工房 ☆☆☆
author:中込潤一, category:甲府市M様邸ビフォーアフター, 16:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
透湿防水シート

増築部分の外壁に大型サッシが取り付けられ、透湿防水シートを貼って外壁仕上げの下地つくりが着々と進んでいます。

このシートは優れもので最近の住宅は高気密高断熱化が主流なのですが、それが原因で室内で発生した湿気が壁体内に滞留し結露を起こす事があります。
で、それを解消するために外壁材と断熱材の間に通気層を設け、壁体内に侵入した湿気を通気層を通して外部に放出する通気層工法が普及し、建物外部からの雨水の浸入を防止する防水性と壁体内に生じる湿気を外部に逃がす透湿性を兼ね備えたものがこの透湿防水シートなのです。

玄関には今までのドアよりも数段大きい玄関ドアが取り付けられました。

玄関ドアが大きくなっただけで、明るさや解放感がだいぶ違ってきます。

床のタイルが貼られ明日には玄関廻りが大体になります。
あと一息です!頑張っちゃいましょー!

       ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆

author:中込潤一, category:甲府市M様邸ビフォーアフター, 23:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
夢のシステムキッチン
いよいよ今まで工事をしていた増築部分から改修部分であるキッチンや廊下、玄関廻りへと工事が進んでいきます。
約30年間使い込んだキッチンが取り外されました。


床下から配管の傷み具合などを点検し、給排水管をつなぎこみ新しいシステムキッチンを取りつけていきます。

玄関廻の床タイルをハンドブレーカーではつって取り除き、新しいタイルの下地を造ります。

背の小さかった既存の玄関扉も取り外し新しい扉に取り換える準備をします。

玄関ホールには匂いや湿気をとるINAXのエコカラットが貼られていきます。

増築部分の広縁の床には樺のフローリングが貼られ着々と完成に向かっていきます。

あと一週間お施主様には我慢して頂かないとなりませんが、必ず満足いくものに仕上がると確信していますので、もうしばらくお待ちください。

         ☆☆☆ 
JUN設計工房 ☆☆☆
author:中込潤一, category:甲府市M様邸ビフォーアフター, 17:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
断熱サッシ入荷!
もろもろあって入荷が遅れていたサッシがやっと入荷しました。
これが取りつかないと他の工事の工程が遅れてしまうのでハラハラしてましたがこれで安心です。

内部では木製建具枠の取りつけが行われています。
三本引きの障子戸枠も取り付けられました。フルオープンになるため戸袋(障子をしまう部分)もあります。

トイレの外壁側の壁にも断熱材をしっかり充填していきます。

工事もいよいよ大詰めです。頑張りましょう!

       ☆☆☆ 
JUN設計工房
 ☆☆☆
author:中込潤一, category:甲府市M様邸ビフォーアフター, 18:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
安心・安全・耐力壁!
 2×4(ツーバイフォー)の柱に出入り口のドア枠が取り付けられ壁を厚さ12mmの構造用合板で補強していきます。

構造用合板は釘の種類、間隔などの指定をして柱や梁に打ちつけます。

今まで幅が狭く高さも低かった出入り口もゆったりとした大きさになり、その上構造的にもしっかりと安定しました。

お施主様の家の床柱として使われていた柱は大工さんにお願いして保管しておいてもらいました。

天井も高くなったので柱としては短くて使えませんが、思い出の一品なので、なんとか工夫して残してあげようと思います。

       ☆☆☆ 
JUN設計工房
 ☆☆☆
author:中込潤一, category:甲府市M様邸ビフォーアフター, 00:19
comments(2), trackbacks(0), pookmark
断熱材充填!
今日は風が冷たく寒い一日でした。せっかく咲いた桜が散ってしまいそうです。花見してないのに。。。。
現場では先日の天井に引き続き床と外壁周りに断熱材が充填されました。

床はこの断熱材の上に構造用合板を貼って下地をつくりその上から無垢の床材を貼って仕上げます。

外壁周りは透湿防水シートを張った上に通気層をとるための胴縁を打ち付け外壁を貼っていきます。

居間の天井裏には遮音謙断熱を兼ねたロックウールを再利用して敷き込みプラスターボードを下地貼りします。
これだけ断熱材がしっかり充填されていれば今日みたいに寒い日でも安心ですね。
いよいよ大詰めです。大工さん頑張ってください!

       ☆☆☆ 
JUN設計工房
 ☆☆☆
author:中込潤一, category:甲府市M様邸ビフォーアフター, 21:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark
FRP防水
今日は増築部分のバルコニーのFRP防水が行われました。

FRP防水は繊維強化プラスチックを防水分野に応用した工法で軽量かつ強靭で耐水性・耐食性・耐候性に優れていることが特長で最近の住宅のバルコニーでは多く使われています。

水勾配もしっかり取ってあるので安心です。

バルコニーの下(広縁の天井内)には断熱材をしっかり入れてから天井を仕上げます。

床は構造用合板を2重に貼り下地を作っていきます。

その夢の実現に向けて着実に進んでいます!

       ☆☆☆ 
JUN設計工房
 ☆☆☆
author:中込潤一, category:甲府市M様邸ビフォーアフター, 18:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark