RSS | ATOM | SEARCH
Before⇒After

隠れ家ダイニング 文   ビフォーアフター

Before
着工前はラーメン屋さんでした。


After
コスト削減のため使えるものは出来るだけ使い、外壁の塗装などはお施主さま自ら行い建築を楽しみました。


After
チョークボードを立てかける台はお施主様のお父様の手作りです。


After
隠れ家のエントランスです。
店の中に入った時に空間の広がりを感じるように、ここはあえて天井を低くしてドアも小さくしました。
壁と天井はみんなで焼いて作った杉板で仕上げ、床は元請けさんの配慮でコンクリート洗い出しで玉石を敷き込みました。


Before
改修前はカウンター席とテーブル席がある普通のラーメン屋さんでした。


Before


After
カウンター席からは昭和通りが見下ろせるようにロケーションウインドウを設けました。


After
無尽などで使えるようにテーブル席も設けてあります。


Before
トイレは既存の位置で改修しました。


After
客席からトイレの入り口が見えないように配慮しました。


After
カウンター席とテーブル席部分とは壁で仕切ってしまうと狭く感じてしまうので縦の線を強調したルーバーを設け、空間の広がりとチラリズム効果を狙いました。


全体的にはシックで落ち着いた隠れ家ダイニングとなりました。
ぜひ一度お立ち寄りください。。。

         ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆

author:中込潤一, category:隠れ家ダイニング文, 14:36
comments(1), trackbacks(0), pookmark
「隠れ家ダイニング 文」 完成!

隠れ家ダイニング 文が遂に完成しました。
工期は少ない。予算も少ない。情熱と夢はデカい!みたいな若いお施主さまだったので一時はどうなっちゃうんだろう??って思いましたが関係者一同もの造りを楽しみながら無事完成することが出来ました(笑

「自分の部屋や家にお客様を招き、出来る限りのおもてなしをしてリラックスして頂き、お腹も心も満腹になるようなお店を造りたい」というお施主様の想いから隠れ家的な空間を意識しました。

また個人的に好きな縦ルーバーの隙間から見え隠れするチラリズムも随所に取り入れてみました。

入り口の扉はあえて小さくして隠れ家へのアプローチを演出しました。

以前、お施主様と拾ってきた流木は隠れ家へ入る扉の取っ手に使いました。これ結構カッコいいです(笑

ニッチ部分には関係者の方が書いた「文」の文字とお施主様のお父様が丹精込めて育てた由緒ある万年青(おもと)が置かれています。

店の名前である「文」(ぶん)はお施主様のご先祖様の名前に「文」という字がよく使われていて、よく人が集まる家だったのでこの文字を残していきたいという想いと、地図記号で「文」は学校を意味するので「常に学べ!」という意味も込めているそうです。

カウンター前の雰囲気も良い感じです。

お施主様は一家総出で開店準備をしたりメニューや味の最終調整をしていました。

それを横目にお先に頂いちゃいました(笑

明日は関わった業者さんたちを招いてくれるということです。
いや〜楽しみです(笑

        ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆

author:中込潤一, category:隠れ家ダイニング文, 02:12
comments(0), trackbacks(0), pookmark
照明器具取り付け完了!

内部の工事は、ほぼ終わりに近づいてきました。

先日、大工さんにお願いして造ってもらったベンチシートにウレタンを敷き込み渋い色のレザーで巻いて造り付けのソファーが完成しました。

内部の床、壁、天井の仕上げも終わり、良い雰囲気になってきました。
今夜は照明器具の明るさを確認しに行くと施主様をはじめ関係者の方がオープンに向けて様々な準備をしていました。

昭和バイパスを甲府方面に進むと右側に見える看板もライトアップされています。

明日は最後の仕上げであるカウンターの天板が取りつく予定です。
いよいよ完成です。ワクワクします!

        ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆

author:中込潤一, category:隠れ家ダイニング文, 23:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
オスモカラーで木部を塗装

内部の木工事が終わりいよいよ仕上げ工事へと入っていきます。
内部の雰囲気はこのままでもいいかなって思うほど綺麗に仕上がっています。

今日から現場では内部の塗装工事が始まりました。
ドイツ生まれの環境に優しい塗料オスモカラーで塗装屋さんが丁寧に仕上げていきます。

この塗料を塗っては布でふき取りながら木の表情を出していきます。
まさに職人技です。

大工さんをはじめとして、この現場に関わった人はみんな人柄がよく、そして何より素晴らしい技術を持っている方ばかりなので本当に勉強になりました。

先日、お施主様と川から拾ってきた流木もいよいよ出番がやってきます。
今週いっぱいで工事は終わり、いよいよオープンに向けて様々な準備が進んでいきます。

さぁ〜もう一息です。頑張りましょう!

         ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆

author:中込潤一, category:隠れ家ダイニング文, 18:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
いよいよ大詰め!内装木工事

いよいよ内装の木工事も大詰めです。
先日、みんなで焼いて造った杉板は入り口の小部屋の壁と天井に貼られ、だいぶ雰囲気が出てきました。

内部の造作も着々と進んでいます。
カウンター席とそこから見える内厨房の壁と天井には杉板を貼り渋みのある塗装をして落ち着いた雰囲気に仕上げていきます。

来週から入り口の小扉の制作に入ります。
何だかやたらとワクワクする楽しい現場です。。。

       ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆

author:中込潤一, category:隠れ家ダイニング文, 17:18
comments(0), trackbacks(0), pookmark
デッキテラス
週末に仲間と外壁の塗装を終わらせたお施主様はデッキテラスの塗装の下塗りも終わらせたようです。
だいぶ良い雰囲気になってきました。

今回使った塗料は木材保護塗料のキシラデコールという商品で防腐、防カビ、防虫性、耐候性に優れた外装専用塗料で木を劣化や腐れから守り、いつまでも美しい風合いを保つという、すぐれものです。

内部では大工さんが先日焼いた杉板を一枚一枚丁寧に貼っています。

内装の木工事もいよいよ大詰めといった感じで造作家具の取りつけに入っていきます。

あと一息です。頑張りましょう!

         ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆
author:中込潤一, category:隠れ家ダイニング文, 17:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
外壁塗装
 今日はお施主様の仲間が集まってみんなで外壁の塗装をしていました。

外壁塗装工事にまで回す予算がなかったこともありますが、若くてやる気のらるお施主様なので仲間に手伝ってもらって塗ったほうが楽しいだろうという単純な考えからでした。

なんか若くていいなぁ〜って感じです。
車のCMでモノより思い出っていうフレーズがありましたが、本当にその通りだと思います。
道行く車からみんな羨ましそうにみてました。
でも、実際やってみると。。。かなり大変そうでした。

改装工事のほうは元請けさんが外部にデッキテラスを造っています。

少しずつですがラーメン屋さんからオシャレな隠れ家ダイニングに変化してきました。

出来上がりが楽しみです。

        ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆
author:中込潤一, category:隠れ家ダイニング文, 21:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
杉板浮造り仕上げ!
 今日は本当にHAPPYな一日でした。
高校生の時にガウディに憧れて建築設計の道に進み何度も何度も大人の壁にぶち当たり理想と現実の違いに打ちひしがれて来ましたが、今日は本当に楽しかった〜!
何がそんなにって?
今日は現在進行中のダイニングバーの内装で使う杉板を焼いて浮造仕上げの板をお施主様や元請けさん達とみんなで造りました。

先ず杉板にバーナーでこんがり焼き色を付けます。
元請けさんも焼きます

私も。。。焼きます。焼きます。。。

こんな感じに焼きあげます。

次にブラシでこすります。

お施主様もゴシゴシ!ゴシゴシ!

一緒に働く坂本くんもゴシゴシ!ゴシゴシ!

みんなススで真っ黒になりながら、でも楽しそうです。
私は記念に、こんな感じにイタズラしてたら怒られました(笑

良い感じに仕上がって来ました。

何もしなければ普通〜の杉板が

こんなにカッコ良い杉焼き浮造り仕上げになりました。

一枚いくらとか、そういう大人の感覚じゃなく、ただ純粋にカッコ良くしたいっていうお施主様のまっすぐな気持ちと、元請けさんのノーハウと、自分たちで出来ることは自分たちでやって建築を楽しむという私の考えが融合したプライスレスな逸品に仕上がりました。

途中現場の様子を見に行くと

隠れ家ダイニングの秘密の入り口が着々と進んでいました。

大工さんも電気屋さんも和気あいあいと楽しそうにやっています。
もう少しです。思いっきりもの造りを楽しみましょう!

        ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆



author:中込潤一, category:隠れ家ダイニング文, 21:09
comments(0), trackbacks(0), pookmark
その夢の実現にむけて。。。

只今6月12日オープンに向けて急ピッチで工事が進行中です。

現場には毎日、大工さん、電気屋さん、設備屋さんなど様々なひとが出入りして夢をカタチにしていきます。

この現場は施工会社の采配が良いのかとても雰囲気がよく、和気あいあいとしています。

こういう現場ではみなさんポジティブになるので必ずお施主様の満足いく仕上がりになると思います。

お施主様も毎日現場に来て夢のカタチを確認していきます。

明日はいよいよ杉板をバーナーで焼く作業です。頑張りましょう!

        ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆

author:中込潤一, category:隠れ家ダイニング文, 16:40
comments(0), trackbacks(0), pookmark
流木でオリジナル・・・を
 今日はお施主様と事務所で内装の打合せをしてから川に流木を探しに行き手頃な流木をGETしてきました。
水で洗い流しながらタワシでゴシゴシして泥汚れを落とすと何とも言えない風合いの流木に生まれ変わり、お施主様は大喜びでした。

この流木を天日干ししてよーく乾かしてクリア塗装をしてあるものに使います。。。ウッシッシッシ。

その後現場に行くと今日も大工さんが一生懸命に木工事を進めていてくれました。

少しずつカタチが見え始めてきてお施主様のワクワク感がヒシヒシと伝わってきます。その夢の実現に向けて頑張りましょう!

        ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆
author:中込潤一, category:隠れ家ダイニング文, 18:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark