RSS | ATOM | SEARCH
特殊建築物定期報告

特殊建築物定期報告に行ってきました。

これは特定行政庁が指定する特殊建築物は建築物全体について、建築物の劣化・損傷の状況、防火・避難に係る施設の維持・保全の状況等について、一級・二級建築士又は特殊建築物等調査資格者等が調査し、特定行政庁に報告するという制度です。

*「特定行政庁」とは建築基準法に基づく許認可を行う権限を持つ行政庁のことを言います。
*「特殊建築物」とは不特定多数の者が利用する一定規模以上の建物のことを言います。

分かりやすく例えると健康診断みたいなもので、人間の代わりが建物で、ドクターが一級建築士みたいな感じです。

今回は換気設備や非常用照明装置などの建築設備の部分の点検をメインに行って来ました。

換気設備の点検では火気使用室や換気のための窓がなく機械換気を行っている部屋で設計通りの換気風量が取れているかを専用の機器を用いて測定します。

非常用照明の点検では停電時に非常用照明が点灯するためのバッテリーがあるか、玉切れしていないかを確認するとともに、避難上有効な照度が確保できているかを照度計を用いて測定します。

脚立に登ったり降りたり、いろんな部屋にいってバッテリーの残量チェックをしたりしたので、けっこう疲れました。

移動途中の昼飯は河口湖の ほうとう不動へ行きました。

ほうとうなんて家で食うものだって思っていたのですが建物の形が面白かったので、ふらふらっと入ってみました。

ほうとう専門店なので様々なほうとうがあると思ったのですが、ほうとうメニューは一品しあかりませんでした。

家のほうとうの方が美味いはずだと思っていたのですが。。。

負けました。。。。
やたらと美味かったです。。。
おまけにボリュームたっぷりです。。。
お店の回し者ではありませんが。。。また行きたいです。

建築物の劣化・損傷の状況点検の時にでも、また来てみるかな。。。

         ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆

author:中込潤一, category:ぶらぶらぶらぶら気の向くままに。。, 22:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://junjun.jun-arc.biz/trackback/106