RSS | ATOM | SEARCH
スタディ模型

平面計画がまとまってきたので立断面計画に入っていきます。
平面図では家族の動線や家具の配置、将来的な各部屋の使い勝手などをイメージしながら、まとめていくので
比較的お施主様にも理解しやすい部分ですが、立面や断面はそうはいきません。

設計者は平面計画をする時にある程度考えながら進めるので立面図を見ればイメージ出来るのですが、お施主様に2次元の立面図で説明しても3次元の空間はなかなか伝わりません。。。。

そこで今回は立面図の一回目のプレゼンの時にスタディ模型(簡易模型)を作って説明しようと思います。

立面図を基に立体的に立ち上げていきますが実はこの瞬間ってけっこう楽しいんです。
それは今までは頭の中でのイメージでしかなかったものが実際に立ち上げていくことで、よりリアルになってくるからです。

この模型と図面でプレゼンすることにより、お施主様とイメージの共有ができるので今後の仕上げや色合いなどを決めていく時にとても助かります。

さぁ〜頑張るぞ〜!

         ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆

author:中込潤一, category:昭和町i様邸, 11:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://junjun.jun-arc.biz/trackback/113