RSS | ATOM | SEARCH
模型を使って打合せ

今回の打合せは私の事務所で先日作成したスタディ模型を使って行いました。
お施主様夫妻にとっては今までの二次元の図面が、立体の模型になったことで、その夢に一歩近づいたのではないかと思います。

『道路の方から見るとこんなふうに見えるんだ〜』とか言いながら何度も何度も模型を回しながら眺めていました。

模型と断面図を使って太陽光の入り方や風の抜け方などを説明したので、設計意図が正確に伝わったのではないかと思います。

また、平面的な広さを再確認する意味で私の自宅リビングの図面と照らし合わせながら、シュミレーションをしました。
やはり実際の空間で広さや高さを確認し、イメージを共有するってことが大切だなぁ〜と改めて思いました。

i様ご夫妻に模型を持ち帰って頂き、家族で話し合って夢を膨らませて頂き、次回の打合せで希望をお話して頂きたいと思います。

さぁ〜楽しくなってきましたよ〜

         ☆☆☆ JUN設計工房 ☆☆☆

author:中込潤一, category:昭和町i様邸, 21:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://junjun.jun-arc.biz/trackback/115